こんな所を要チェック 契約の前に

印鑑を押す前に必ず契約書を熟読する 急がない!あわてない!

印鑑を押してからでは「知らなかった…」では済まされなくなりま。一般の方であっても、業者であっても、等しく契約書の文言に縛られるのです。
必ず契約前に契約書を取り寄せ、内容を熟読し、事前の打合せどおりの内容になっているか確認しましょう。
不明な点や必要がないと思われる条項があれば、相手方から説明を求め、自分自身が納得するまで押印しないことが何より大切です。

また、「他にも興味を持っている人がいるので…」等と、売主側から契約を急かされることもあります。こんな場合、買主の方がつい気持ちが焦って、契約内容をしっかり確認しないまま押印してしまう…ということもありがちです。
契約書は熟読するか、契約に詳しい人に内容を見てもらう等、一呼吸置いてから契約することをお勧めします。

ここで、仲介業者が有名な会社だから安心とは限りません。これは、騙す・騙されるの問題のみではなく、片方又は双方の思い違いも有り得るため、よくよく確認する必要があります。

重要事項説明書も

重要事項説明書とは、不動産の取引において、物件の内容や取引の条件などについて、取引をするかどうか判断するのに重要な影響を与える事項について記載された書面のことです。不動産取引の際に、取引を行った不動産業者の宅地建物取引主任者が行うことが宅建業法により義務付けられています。

学生時代、下宿先のマンションを借りる時に、不動産会社の店舗でなんだかざっと文章を読み上げられ、「じゃあ、説明の確認として、ここにサインを」と言われた経験はありませんか?実は、その時に読み上げられたのが重要事項説明書だったのです。
残念ながら、法律で決められているからと、手続(儀式)的な感じでこなしている業者も多いのが実情です。

後日、トラブルが発生した時、購入者の中には「重要事項説明なんて受けてない!」という方もいるようです。しかし、書面には「説明を受けた」というサインが…。契約手続の一環として行われてしまうことが多いため、購入者が認識できていないケースも多いのですね。

しかし、重要事項説明書にはまさに「重要」な事柄がたくさん記載されています。早目に説明を受けて、契約するかどうか十分に検討するようにしましょう。
重要事項説明は契約するかどうか判断するためのものですから、説明を受けたからといって契約する義務が生じるわけではありません。じっくり確認し、理解してから契約するかどうかの判断をする必要があります。

弊社では「契約書の内容を全て理解できているか不安」「事前に熟読する時間がない…」「自分では不明点を販売業者にぶつけられない」という方のために、契約書チェックサービスを行っています。不動産売買の経験を十分に積んだ宅地建物取引主任者や書面の専門家である行政書士が契約書の内容を確認し、あなたに不利な事項がないかを点検しアドバイス、場合によっては販売業者への質問事項をとりまとめます。

住宅診断とは?

そもそも「住宅診断」ってなに?そんな疑問をお持ちではないでしょうか?

住宅購入&リフォーム チェックポイント

安全で快適なマイホームへの予備知識

住宅診断なごやはここが強い

住宅診断における当社の強み

コラム

住宅についてより深く知っていただくためのコラム

Q&A