こんな所を要チェック リフォーム

リフォーム工事前の調査

こんなはずでは!

  • 希望の工事をリフォーム業者に伝えたところ、「その程度の工事なら数日で完了します!」と言われていたのに、いざ工事を始めると「あれ!?ダメだなぁ。ここまでしか出来ませんねぇ」と中途半端な工事で終えられてしまったにもかかわらず、手元にはしっかり請求書が…

キーポイント

リフォームをお考えの方は、「子どもが独立したので間取りを変更してリビングを広くしたい」「キッチンの水周りを最新のものにしたい」「屋根の葺き替えをしたい」など様々な希望をお持ちだと思います。

しかし、建物の構造によっては希望どおりの工事ができない場合もありますし、マンションですと構造の他に管理規約によって制限される場合も出てきます。
まずは、希望の工事が実際に可能かどうかを確認する必要があります。また、建物の劣化等により、他に優先すべき工事があるかもしれません。
そのため、リフォーム業者主導ではない客観的な調査を行い、現状を把握する必要があるのです。

見積りの確認

こんなはずでは!

  • 知り合いの業者にリフォームを頼んだら、口頭で「だいたい15万円くらいだね」とのことだったので工事を依頼した。ところが、請求書がきてみると「50万円!」。話が違うじゃないか…

キーポイント

建物の調査を終え、希望どおりの工事ができそうだとなると、次は業者から見積りを取ることになります。
中には見積りすら提示せず、その場で契約を促す(強制する)業者もいますので注意が必要です。
また、見積り額は口頭ではなく、必ず書面で提出するように要求してください。たとえ知り合いから紹介された業者であっても、あやふやにしておくと後々のトラブルにつながります。
見積書で特に注意すべき点は

  • a.見積書が高い…その工事は本当に必要か?
  • b.見積書は予算の範囲内だけれど…自分の希望した仕上がりに成り得る工事内容なのか?
  • c.費用対効果の観点から金額は妥当か?

トラブルを避けるためには複数の業者から見積りを取って比較することがベストです。
ただし、安いからと言ってその業者が優良業者とは限りません。質の高いものを希望すれば当然に費用はかかり、質を下げれば費用は安く済みますが満足いくかどうかは分かりません。要は、費用対効果の観点でのバランスが重要となります。

弊社では見積り内容のご相談や見積り依頼時の立会い等にも対応しております。
見積書の金額の比較のみならず、専門家の観点から施工の質と金額のバランス等、内容にまで踏み込んだ比較検討が可能となります。

契約書の確認

業者を選定し、いざ契約!やっとここまでたどり着いた。でも、ここで忘れてはならないことが…契約書の内容、これを充分に確認する必要があります。
どういう契約であっても「契約書はよく読んで納得してから」というのが鉄則です。特にリフォーム工事の場合、契約書に関するトラブルが多いのが実情です。

請負金額が記載されてない、詳細な工事内容の記載がなく「工事一式」とされている、工事着工日は吉日となっている、等等、契約内容を特定する内容になっていない場合も見られます。このような契約書を交わそうとする業者は、トラブルになった場合の責任逃れを見越していると考えた方が良いでしょう。

工事の施工状態の確認

こんなはずでは!

  • 洗面所のリフォームを計画し業者に依頼。洗面台はショールームで見て気に入ったものを指定した。なのに、工事が終わってみると指定の洗面台はスペースに合わなかったとかで違うものが入れられていた…

キーポイント

リフォーム工事終了後には施工状態の確認をする必要があります。

  • 工事は契約どおりか?
  • 設計どおりの仕上がりか?

何を当たり前のことを、と思われたことでしょう。
ですが、特にリフォーム工事の場合、業者の施工の質の差が大きいため、ありえないような施工ミス、手抜き工事が実際に起こってしまうのです。
リフォームをしたばっかりに、前より住み心地が悪くなった、建物の安全性が損なわれてしまった…そんな最悪な結果にならないため、念入りな確認が必要となります。

住宅診断とは?

そもそも「住宅診断」ってなに?そんな疑問をお持ちではないでしょうか?

住宅購入&リフォーム チェックポイント

安全で快適なマイホームへの予備知識

住宅診断なごやはここが強い

住宅診断における当社の強み

コラム

住宅についてより深く知っていただくためのコラム

Q&A