住宅診断をせずにトラブルになった事例

住宅診断をせずにトラブルになった事例

住宅診断の現場では、大きなものから小さなものまで様々な欠陥を発見します。欠陥など一切ないに越したことはないのですが、現場で発見できたことを私たちは「良かった」と考えます。今後のトラブルを未然に防ぐことができたからです。

私たちは、住宅診断をしなかったために、後々、大きなトラブルに見舞われてしまった方々にお会いしてきました。欠陥による損失には第一に金銭的なことが挙げられます。
しかし、それ以外にも時間的なロス精神的なダメージ、そして何より安全に対する不安感を生じてしまいます。

ここで挙げた例を「まさか!?」「そんなバカな…」「こんなの稀でしょ」と思われるでしょうか?ですが、ご紹介させていただいた皆さんも欠陥住宅など他人事、ご自身に降りかかることだとは思われてもいなかったのです。

私たちは、このような欠陥・トラブルの事例があるということを是非、知っていただきたいと思うのです。そして、十分に防げるトラブルだった、ということもお伝えしていきたいのです。

ほんの小さな綻びが、大きな大きな損失になってしまうのが、住宅に関する問題です。皆さんのマイホームを欠陥住宅にしないための注意喚起の一助になればと思い、詳しくご紹介させていただくことにしました。

住宅診断とは?

そもそも「住宅診断」ってなに?そんな疑問をお持ちではないでしょうか?

住宅購入&リフォーム チェックポイント

安全で快適なマイホームへの予備知識

住宅診断なごやはここが強い

住宅診断における当社の強み

コラム

住宅についてより深く知っていただくためのコラム

Q&A