欠陥住宅の実例

外壁サイディング接合部分の防水(シーリング)切れ

外壁サイディング接合部分の防水(シーリング)切れ

説明

外壁サイディングは複数枚のパネル状の部材を貼り合わせて作られています。その隙間には、雨水が入らないように、防水処理が行われており、この継ぎ目に使用されている材料をシーリング材、この処理をシーリング工事といます。

しかし、この防水処理も日々、風雨や直射日光にさらされて劣化します。
このような状態を放置すると、屋根からの雨漏れほどではないですが、隙間から水が建物内部に浸透することになります。

この事例は、施工不良に伴うものというよりは、経年変化に伴った劣化が多数を占めていると思われます。

建物を所有するということは、日々のメンテナンスも考える必要があります。

対策

基本は既設のシーリング材を撤去して新たに打替を行います。
不具合箇所数や屋根・庇の形状によっては、しばらくは様子見とし、後日リフォーム工事と併せて作業する場合もあります。

基礎換気口詰まり・取り付け位置

基礎換気口詰まり・取り付け位置

説明

建物の基礎に設けられた、換気口は床下に溜まった湿気を外部に出す役割を持っています。

この事例は、その大切な換気口の半分近くが土砂により塞がれてしまっています。また、建物外部の地面の高さと、換気口の設置されている高さの問題もあります。このような高さでは、大雨の際、建物の床下に雨水が流れこむ可能性も考えられます。

対策

新築時からこのような施工を行っていれば大変問題があります。
しかし、大半は、引渡し後庭造りにより土砂が持ち込まれてこのようになります。換気口前の土砂を取り除き、庭全体の排水を見直し建物側に雨水が流れ込まない対策を行う必要があります。

壁の傾き

壁の傾き 【左写真上部】、【全景写真】、【左写真下部】 ※写真内の赤いラインは、鉛直方向を示しています。

説明

建物の傾きを確認するために、本来は、柱の傾きを確認します。しかし、工法によっては、直接柱を見ることが出来ません。そこで、便宜上、室内の壁の傾きを確認します。

オートレーザーを使用してその傾きを確認します。
建物の外周カドや、併せて床の傾斜を確認することで、建物の不具合がわかってきます。
地盤の弱い場所や、地盤の補強を行っていない場合は、建物全体が傾斜していることがわかります。

対策

基本的には傾きのある建物の購入はお勧めできません。
しかし、その土地(成立ち、造成方法)、建物(基礎形状、建築年数、傾き具合)の調査、周囲の建物の調査を行い、傾きが収束したと判断できる場合で、立地や価格面で優位性が感じられるならば購入もいいでしょう。(現建物は仮の住まいとして、建替えを検討されている場合など)

階段段板傾き

 階段段板傾き

説明

1階から2階へ通じる階段の最終段(2階の床と同じ高さの段板)が斜めに取り付けられています。

施工ミスと思われる事例です。
設計段階で、1階の高さ(階高)が決まります。この階高を階段の段数で割れば、1段あたりの高さが決まり、これに基づき階段は設計され、施工されることになります。しかし、写真の事例では、水平を表すモノサシの右側に空間が生じています。これは、階段の最終段が2階の床の高さより低くなっていることを意味します

構造そのものの不具合ではないため、即危険とは考えにくいですが、段板の傾斜は、通行の際のつまずき・転倒、踏み外しなど考えられます。

また、このように設計とは異なる劣った施工が行われた建物については、他方面についての施工不良をも疑いたくなってくるものです。

対策

この建物の場合、幸いにも他には特別目立った不具合箇所は有りませんでしたが、階段部分のみの再施工は困難であったため、交渉の結果、価格値引きとなりました。

床下汚れ

床下汚れ

説明

1階床下のベタ基礎上に、オガクズが堆積しています。

以前の施工なら、大きな木くずが落ちていなければ良かったでしょうが、現在では、チリ一つ落ちていない施工を心がけているはずです。

1階の床を施工する前に、基礎上は清掃するはず。この事例は、清掃を行わずに、工事が進められたものです。
床下は、湿気が溜まりやすい場所です。現状では、築浅く配管もしっかりしているので、大丈夫そうですが、いずれは配管からの水漏れや、結露によって湿り気が加わる可能性があります。
そんな場所に、このようなオガクズが残っていては、蟻害を引き起こしかねません。

対策

清掃を実施します。単純な対策ではありますが、非常に重要なことです。

残材放置

残材放置

説明

浴室の天井点検口から、天井裏を確認したところ、使用する予定もない材料が放置されていました。何らかの理由で、この場所に持ち込まれてきたものの、片付け途中で放置されたのでしょうか。隅に並べて置かれていました。

近年の住宅建築に携わる方々の質は、昔と比べてかなり向上していると思われます。とは言え、複数の業者が作業を行う場所では、責任範囲が明確でないためか、時としてこのように資材の置忘れを見かけることがあります。

資材が置かれていることで、何かの問題を引き起こすわけではないですが、施工業者の住宅に対する思いを疑いたくなります。
キッチリとした工事を心がけている者は、片付けもしっかりしているはずです。

対策

残っている材料を撤去します。それ自体は何ということはないですが、管理体制の問題ですから要チェック事項となります。

住宅診断とは?

そもそも「住宅診断」ってなに?そんな疑問をお持ちではないでしょうか?

住宅購入&リフォーム チェックポイント

安全で快適なマイホームへの予備知識

住宅診断なごやはここが強い

住宅診断における当社の強み

コラム

住宅についてより深く知っていただくためのコラム

Q&A