不動産用語辞典 た行

耐火構造(たいかこうぞう)
建築基準法に基づく耐火性能の材質・構造のこと。通常の火災時に、一定の時間以上、建築物の倒壊を防止することができ、延焼を防ぐ性能が必要で、耐火構造と準耐火構造がある。一般の木造は耐火構造とすることはできない。
代理(だいり)
ある人が、本人のためであることを示して、第三者と法律行為を行うことで、法律効果は本人と第三者の間に直接、生じる。不動産の売買を不動産業者に依頼するときに行分ける契約の一つ。不動産業者=代理人依頼者=本人売買の相手方=第三者、であり、不動産業者が相手方と売買契約を結ぶことができ、その効果は依頼者と売買の相手方との間で生じることになる。
耐力壁(たいりょくへき)
地震、風圧などによる外からの水平力や建物自重などの鉛直荷重を支える壁のこと。木造の場合、軸組工法では柱・梁・筋かいから構成され、枠組壁工法では、構造用合板、パーティクルボード、石膏ボードなど、一定の面材を張った壁は耐力壁となる。耐力壁の構造は建築基準法で構造種別によって規定されている。
高さ制限(たかさせいげん)
建築基準法で、ある地区や地域の建築物の高さの最高限度を定めること。「絶対的高さ制限」「斜線制限」「日影による中高層建築物の高さ制限」等がある。
宅地建物取引業(たくちたてものとりひきぎょう)
宅地または建物について売買又は交換、売買、交換又は賃借の代理、 売買、交換又は賃借の媒介を業として行うこと。業としてとは、不特定多数の者の為に、反復継続して行う行為をいう。国土交通大臣または都道府県知事の免許を受けることが必要である。
宅地建物取引主任者(たくちたてものとりひきしゅにんしゃ)
宅地建物取引主任者試験に合格し、都道府県知事の登録を受け主任者証の交付を受けた者。重要事項の説明、重要事項説明書及び契約締結後に交付する書面への記名押印等を行う。
ダクト(だくと)
建物の各部屋や部署に、換気や冷暖房の空気を送る風導管のこと。空調ダクトや電源などを送るための配線ダクトがある。
建売住宅(たてうりじゅうたく)
区割りした敷地に不動産会社が建設した住宅で、土地と建物がセットで販売される。完成済のため、設備等の選択は出来ないが、最近はオプションで、完成前に一部選択できる建売住宅もある。
建付地(たてつけち)
建物等が存在する敷地で、建物と敷地の所有者が同一であり敷地の使用収益を制約する他の権利がないもののこと。
店子(たなこ)
家を借りている人のこと。
地役権(ちえきけん)
自分の土地の便益のために、他人の土地を利用する権利。たとえば、自分の土地と公道との間にある他人の土地を通行するための通行地役権など。他人の土地を全面的に使用するものではなく、その一部を利用する点に特徴がある。高圧電線の下にも電力会社の地役権が設定されていることが多い。
地積(ちせき)
一筆ごとの土地の面積のこと。㎡で表される。
地積測量図(ちせきそくりょうず)
一筆の地積、形状、境界標に関する測量の結果を明らかにする図面。法務局に保管されており誰でも閲覧、あるいは写しの請求ができる。
チムニー(ちむにー)
煙突のこと。
地目(ちもく)
土地をその利用状況によって区分したもの。不動産登記法により、家が建っている土地であれば「宅地」、農地であれば「田」や「畑」といった具合に20種類以上の地目が定められている。
仲介(ちゅうかい)
不動産の売買・賃借を不動産業者に依頼する時に結ぶ契約の一つ。媒介と同義語。
仲介手数料(ちゅうかいてすうりょう)
宅地・建物の売買等の媒介行為(仲介)の業務報酬を仲介手数料と呼ぶことが一般的。
宅地建物取引業法等では、宅地建物取引業者が宅地・建物の売買等の媒介に関して受けることの報酬額の上限が規定されている。
中間金(ちゅうかんきん)
土地や建物の売買契約、工事請負契約を結び、手付金や着手金を支払った後、最終決済までの間に支払う金銭のこと。
2×4工法(つーばいふぉーこうほう)
木材で構成された枠組みに構造用合板や石膏ボード等を打ち付けた壁や床で建築する工法。断面が2インチ×4インチの枠を使用するので2×4工法と呼ぶ。建築基準法で「枠組壁工法」として基準が定められている。
(つぼ)
土地や建物の面積の単位。尺貫法による単位で1坪は約3.3057平方メートル。不動産売買の現場で使われることが多い。
吊り戸棚(つりとだな)
天井と壁を使って吊り下げるように設置された扉付棚のこと。キッチンの流し台の上や洗面所の洗面台の上で使われる例が多い。
抵当権(ていとうけん)
担保の目的物を担保提供者の元に残したまま、使用・収益をさせておき、債務が弁済されない場合には、債権者が優先してその目的物から弁済を受け得る権利のこと。住宅ローンを組んだ場合、金融機関が土地・建物に設定するのが通常。
手付(てつけ)
売買等の契約に際し、当事者の一方から相手方に対して交付される金銭その他の有価物のこと。 手付には、
  • ①契約の成立を証する証約手付
  • ②手付を交付した者はそれを放棄し相手方はその倍額を償還して契約を解除することを認める解約手付
  • ③手付額を債務不履行の場合の損害賠償額の予定または違約罰とする違約手付
がある。 宅建業者が売主として受け取る手付は解約手付である。手付金は契約が履行されるときは、一部弁済として取り扱われることとなる。
電車・バス等の所要時間(でんしゃばすとうのしょようじかん)
不動産の表示規約では、電車・バス等の所要時間の表示基準を定められている。
  • ①乗換えを要するときはその旨
  • ②特急・急行等の種類
  • ③特急料金等の特別料金を要するときはその旨
  • ④ラッシュアワーと平常時の所要時間が著しく異なるときはその旨
  • ⑤運行本数が著しく少ないときはその旨
の5点を明示することを義務づけている。所要時間はダイヤグラムに従い表示するが、乗換え時間や待ち時間は含まれない。
天袋(てんぶくろ)
和室の押入上部に設けられた高さ40~50cmの収納スペースのこと。奥行きは押入と同じ、引違いの襖が付いている。
登記(とうき)
一定の事実、法律関係を第三者に知らせるため、登記所に備える登記簿に記載すること、または記載そのものをいう。不動産の所有権の取得は、登記をしなければ第三者に対抗できない。
登録免許税(とうろくめんきょぜい)
不動産の登記を申請する際に課される国税。納税義務者は登記を受ける者。税額は不動産の固定資産税評価額に対し登記等の区分に応じた税率によって算定される。
道路幅員(どうろふくいん)
道路の道幅のこと。建築基準法では、道路の側溝の外側を道路境界とみなして、道路幅員を測ることとされている。
通し柱(とおしばしら)
2階階建て以上の建築物で土台から軒までまたがって設けられた継ぎ目のない柱のこと。主に建物の四隅に建てられる。
都市計画(としけいかく)
都市計画法に基づき、健全な発展と、秩序有る開発整備を行うため、土地利用や都市施設などに関して定めた計画。また、それらを実現するための各種の規制・誘導、あるいは事業の実施を行うこと。
トップライト(とっぷらいと)
天窓のこと。採光のために屋根面に設けられる。
戸袋(とぶくろ)
雨戸を収納するスペースのこと。
徒歩時間(とほじかん)
道路距離80mにつき1分として算出、1分未満の端数については1分に切り上げ表示。坂道、歩道陸橋の要素は考慮されず、信号の待ち時間も含まれない。
トランクルーム(とらんくるーむ)
使用しない家財・家具などを保管する倉庫。分譲マンションの場合、室内とは別に共用部分、住戸の玄関脇や地下、別棟などに設置されていることもある。
取り合い(とりあい)
材と材の接点部分やその収まり具合のこと。
取引形態(とりひきけいたい)
不動産業者が物件の売買、交換、賃借の行為について結ぶ契約の種類で、①媒介(仲介)②代理③直接の売主④貸主が有る。
住宅診断とは?

そもそも「住宅診断」ってなに?そんな疑問をお持ちではないでしょうか?

住宅購入&リフォーム チェックポイント

安全で快適なマイホームへの予備知識

住宅診断なごやはここが強い

住宅診断における当社の強み

コラム

住宅についてより深く知っていただくためのコラム

Q&A