不動産用語辞典 ら行

ラーメン構造(らーめんこうぞう)
柱と梁の接合部を動かないように接合(剛接合)することで、地震などの水平力に抵抗する構造のこと。一般的には鉄筋コンクリート造、鉄骨造で用いられる。木造の軸組のように壁や開口部(窓など)にあまり制約を受けない。ラーメンとはドイツ語で「額縁」という意味。
欄間(らんま)
和室の天井と鴨居の間に格子や透かし彫りの板などを取り付けた部分のこと。通風や採光などを目的とするが装飾も兼ねている。
リノベーション(りのべーしょん)
通常の修理やリフォームよりも大規模な工事で、外壁の補修や建具、窓枠などの取替えなどを全体的に行なうもの。既存の骨格(構造)だけを残し、用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりする場合に行う。
リフォーム(りふぉーむ)
リロケーション(ろけーしょん)
転勤などで一定期間だけ転居する人の住宅を預かり、賃貸住戸として貸し出し、賃料の徴収や日常的な管理点検、明け渡しの保証等を請け負う業務形態のこと。
ルーフバルコニー(るーふばるこにー)
マンションなどで階下の自由子の屋根部分を利用したバルコニーのこと。一般的には通常のバルコニーよりもスペースが広く、最上階に設けられていることが多い。
陸屋根(ろくやね)
水平、またはほとんど勾配がない屋根のこと。おもに鉄筋コンクリート造の建物に多い。「りくやね」ともいう。
路地状敷地(ろじじょうしきち)
建築基準法上、建築物の敷地は幅員4m以上の道路に2m以上接していないと建物が建てられないため、道路より奥まった敷地の一部を路地状に延長した敷地。安全上、防火上の観点から路地状部分の長さや幅が条例により制限されている場合が多い。旗竿地と同義。
路線価(ろせんか)
宅地の評価額の基準となる価格。道路に面する標準的な宅地の1平方メートル当たりの価格。国税庁が公表し相続税・贈与税の算定基準となる財産評価基準書の路線価(相続税路線価)と、市町村が公表し固定資産税・不動産取得税などの課税に使用される固定資産税路線価がある。
ロフト(ろふと)
小屋裏や天井を高くした部屋の一部を2層式にして作られたスペースのこと。梯子などで昇り降りする。
住宅診断とは?

そもそも「住宅診断」ってなに?そんな疑問をお持ちではないでしょうか?

住宅購入&リフォーム チェックポイント

安全で快適なマイホームへの予備知識

住宅診断なごやはここが強い

住宅診断における当社の強み

コラム

住宅についてより深く知っていただくためのコラム

Q&A