Q & A

せっかく家を建ててもらったのに、建物調査をすると「アラ探し」みたい。建築会社とケンカしたくないのですが?
建物調査はアラを探すのではなく、建物の状態を確認するために行います。客観的な調査結果をお示しいたしますので、建築会社さんとの間でトラブルになる心配はありません。トラブルを未然に防ぐために行うものです。
まだ購入を決めていないし、所有者の方も住んでいらっしゃいます。調査するのって、なんとなく気後れがするのですが?
住宅の購入は人生の中でも大きな決断の一つです。慎重のうえにも慎重に確認するのは当然のことです。ですが、まだ日本では浸透していませんから、お伺いする調査員が①この調査は売主・買主双方にとってメリットがあること、②機材も使用しますが決して住宅に傷を付けるような調査ではないこと、等をご説明いたします。どうぞご安心ください。
建物調査をしなくても、建物瑕疵保険に入っているから大丈夫だと思うのですが?
建物瑕疵保険は売主側業者が入るものです。(実際には費用は買主が支払っていますが。)そして、保険が適用されるのは限定的。実際には保険の対象にならない不具合の方が多いですから、前もって確認し補修できるのがベストですよね。
建物調査って、何か資格がいるの?建築士の独占じゃないですよね?
建物調査をするにあたって特に資格が必要なわけではありませんので、建築士の資格がなくても行うことは可能です。しかし、資格保有者であるということは、前提となる基礎知識を確実に持っているという証明です。弊社では調査員は「1級建築士」であることが最低条件であり、さらに「施工」の知識・経験が豊富な人材によるサービスをご提供しているのです。
2級建築士さんがやっている建物調査会社は、もっとリーズナブルなところもありますよね。1級と2級で、何か違うの?
確かに、木造建物については1級建築士、2級建築士で可能となる職務にそれほど大きな差はありません。しかし、1級建築士は誰もが資格試験を受けられるわけではなく、一定の実務経験や学歴(知識)が必要となります。2級建築士が1級建築士試験を受験するためには、2級建築士として4年もの実務経験を必要とします。それだけ、1級建築士と2級建築士では、資格による能力担保の証明力が異なります。建築に関する最高峰の資格である1級建築士が担当するということは、前提となる経験・知識に差があるということでもあります。そこには、価格だけでは計りきれない「安心」があるのです。
リフォーム業者がついでに建物調査もやってくれるって言う。その方が手間が省けるような気がするのだけど?
リフォーム業者はリフォーム工事が本体の仕事ですから、建物調査を行ってもどうしても客観的には行えないのではないでしょうか。第三者としての中立な立場で行う建物調査をおすすめいたします。
建物調査はどのくらい時間がかかる?
建物の状態にもよりますが、半日程度は必要となります。1点1点、確認していきますので、どうしてもお時間を頂戴することになります。
相談だけでもいい?
「建物調査って何?」「私の場合、建物調査は必要?」など、お気軽にご相談ください。お電話、メールで承っております。また、ご希望の方には建物調査の内容を簡単にとりまとめたパンフレットをお送りしております。
生活環境のチェックも専門家に頼んだ方がいい?そういうこともやっている会社もあるけど?
弊社でもオプションとして承ることは可能ですが、環境は実際にその地で生活される方が、どう感じられるかに大きく関わってきます。ですので、ご自分の五感を働かせて確認していただくことをお勧めしております。もちろん、チェックすべきポイントはアドバイスさせていただきます。なお、弊社で承る場合、価格は建物調査とは別途ご相談となります。
いつ頃、依頼すればいい?
基本的には1週間前程度を目安にして下さい。対象となる建物の所在や、予約の状況にもよりますが、早急なご用命の場合はご相談に応じることもできます。
瑕疵が見つかった場合、売主と交渉はしてくれる?
補修・修理すべき点ということで売主に調査結果を伝えることはいたします。売主側が対応しないなど、不誠実な態度をとりトラブルに発展した場合には、提携先の弁護士をご紹介いたします(この場合、別途弁護士費用が必要となります)。
売主や仲介業者に建物調査をすることを伝えた方がいい?
現在のところ、建物調査を経験されたことがある方はあまり多くありません。これは、個人であっても業者であっても同じです。ですので、突然、第三者が同行して調査を始めると驚かれることになります。スムーズな調査のため、調査員がお伺いし器械などを使って調査することを前もってお伝えいただくようにお願いしています。
住宅診断とは?

そもそも「住宅診断」ってなに?そんな疑問をお持ちではないでしょうか?

住宅購入&リフォーム チェックポイント

安全で快適なマイホームへの予備知識

住宅診断なごやはここが強い

住宅診断における当社の強み

コラム

住宅についてより深く知っていただくためのコラム

Q&A