施工に強い一級建築士

建物については、一級建築士が国家資格者としての代表的な専門家となります。
しかし、一級建築士にもそれぞれ得意分野があるのをご存知でしょうか?また、普段、テレビ番組などでみかけるのは意外にも『建築士ではない建築家(芸術家)』であったりします。

建築士は、主に「設計」の分野を手がけていますが、その他にも「施工」や「監理」、「構造」などに至るまで、さまざまな分野に細分化しているのが実情です。

ここで、住宅診断は何を目的に行うのかを考えてみましょう。
まず、「この建物は欠陥住宅ではないか」という不安を解消するため、見えない部分まで専門家の目で調査することでした。
とすれば、一級建築士の中でも「施工」に詳しい実務家が行う方が、より的確な調査が行うことができるのです。裏を返せば、設計のみ担当してきた建築士では、たとえ一級建築士であったとしても、「施工」については精通していないということなのです。
その点、弊社所属の一級建築士は、大手ゼネコンでの施工経験が豊富で、実例を数多く目にしています。まさに、「施工に強い一級建築士」です。

住宅診断とは?

そもそも「住宅診断」ってなに?そんな疑問をお持ちではないでしょうか?

住宅購入&リフォーム チェックポイント

安全で快適なマイホームへの予備知識

住宅診断なごやはここが強い

住宅診断における当社の強み

コラム

住宅についてより深く知っていただくためのコラム

Q&A